MENU

バイクの一括査定はこんなにお得。まずは相場のチェックから!

車と同様にバイクにも一括査定サイトがあります。

自分の愛車を少しでもたかく売りたいと考えるのでしたらこのようなサイトを利用するのが一番です。
一度登録することで複数の業者の査定額を比較することができますので、自分の愛車をその時点の最高額で売却することができるのです。
もっとも事前に相場価格というものを知っておくのが大事です。自分でこの価格ならいいかも、あるいはこの価格では絶対に売らないぞ、というラインを設けておくといいでしょう。
そして、少しでも高く売却したいけどどこの業者を選んだらいいのかわからないというときにこういったサイトがとても役に立つのです。
一円でも愛車を高く売却したいという人もいれば、とりあえずこのままだと税金や自賠責などの維持費もかかるしのらないから処分したいと言う人もいることでしょう。
車と違って維持費が安いだけに放置している人も多いからです。
そのような人にも査定サイトはとても役にたちます。
というのも処分までの面倒な手続きなどを一括しておこなってくれるからです。しかも自走できれば多少なりともお金になります。査定ゼロあるいは追徴が来るようなことは一切ありません。
このような業者があらゆる販売ルートを持っているので、いくらでも処分できるのです。

 

 

 

 

一般的な中古市場のほかにオークションサイトなどがあります。このオークションサイトは少しでも自走できるのであれば乗りたいというニーズもあるので、通常のお店では査定が付きにくい状態でもしっかりと根付けができるので結果的にお金が入ってくることになります。
このようにとりあえずお金になったらいい、あるいは処分したいと思う場合では査定サイトは有用です。
業者が責任をもって買取をしてくれるので安心して利用ができるのです。
また、中には自走できないようなものもあるでしょう。そのようなバイクでも買取をしてくれるのでしょうか。
実際には「自走できないものでも喜んで査定をします」という業者が多いです。これはリサイクルあるいは海外輸出など買取業者の幅広い販売ルートを駆使して、これは売れるというものを選別しているからでしょう。
さらに、リサイクルは資源の再利用ということでお金になります。
ですから査定ゼロといってもあきらめずにこのような買取専門業者に売却するのが一番だといえるでしょう。
もっともサイトで提示される買取り額は仮の金額ですから、実際の本査定となるとかなりシビアになることも予想されますのでいきなりの高査定に一喜一憂することなく落ち着いて対処したいものです。

 

 

バイク一括査定で高く売るポイント

長年乗り慣れたバイクを手放す場合は、損をしないで、出来るだけ高く買取って貰いたいものです。そこでバイクを手放す皆さんのために、損をしないバイク一括査定のポイントを紹介したいと思います。

バイク一括査定で連絡がある目安の額は最高の状態での買取り金額となるので、これはあくまでも参考程度と考えたほうがいいです。
出張査定については、あれこれ理由を付けて大幅に減額することがあるので鵜呑みにしてはいけません。
出張査定で金額の折り合いがつかなければ断ってもいいのですが、業者のほうは骨折り損にはしたくないのでかなり食い下がってきます。
こっそり複数の査定業者に出張査定を依頼して業者間で競わせる
バイク買取一括査定額に納得できなければ売らないとキッパリ断ることが大切です。
バイクBOONの「大手買取業者より2万円高く買取ります」を大いに利用してより高くバイクを売ります。
バイク一括査定で依頼した業者から連絡が来る査定の目安額は全く走っていない新古車など最高の状態のバイクに対する買取り額であって、これ以上高くは買えませんと言う買取上限額となっています。そのため、実際にバイクを見せる出張査定では、そこからの減点方式になるので、最初の額の半分程度となることが多々あるのです。
しかし、バイク王など一部のバイク専門買取業者では、出張査定の客引き目的であえて高い査定の目安額を提示して、実際にはその10分の1程度の査定額を提示することがあり、ひどいときは「処分費用を欲しいぐらいですが特別に無料で引取ります」などと言うケースもあるそうです。
このように極端に安い買取査定額を提示された場合でも、先方はその道のプロですので様々な理由を付けてこちらを説得してくるでしょう。そして、「これでしょうが無いか」とこちらに思わせて極端に安い額で買取るパターンが多いのです。さらにこちらが断ろうとしても、しつこく食い下がってきますから、気持を強く持ってキッパリ断って引き上げてもらいます。
そんな時に、他の業者にも買取の出張査定を依頼していると、一気に一般的な良心的な査定額にアップします。せっかく買取りに来たのに、他の業者に買取られてはその業者もたまったものではありませんので、本気で高い買取査定額を提示してくるのです。
同時に複数の買取業者の一括査定が出来ない場合でも、他の業者の査定結果やその予定があることを伝えると、買取業者の態度が一転して、本気で査定額を示してくるようになります。
また、バイク王のライバルであるバイクBOONでは「大手買取業者よりも高く買取ります」というキャンペーンを常に行っています。出張の一括査定よりも高く買取ってくれるので、バイク王などの出張査定に納得できなければバイクブーンに依頼するのも一つの手といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

バイク査定でどこと交渉したらいいのか?

バイクの売却を考えると車と同様ですが二通りの方法があります。
一つは下取りでもう一つは買取です。
新しいバイクの購入を考えている場合でしたら下取りのほうが手続きの流れとしてはスムーズで手っ取り早い方法です。
もっともバイクの場合となると車と違っていつかは降りることを考えますから、そのままバイクを手放すことを考えると買取という選択肢が当然のことながら出てくるのです。もちろん買取をしてもらった原資を基にそこから新しいバイク購入の資金に充てることも当然アリですね。
そうなるとバイク査定はどちらのほうがよりメリットがあるのでしょうか。それぞれについて考えて見ました。
そしてどちらが交渉しやすいのでしょうか。
バイクショップでの下取りの場合
メリットとしては綺麗な状態であればあるほど、年式が高いほど高い値段がつきます。
これは大切に乗り続けて来た人にとってはもっとも嬉しいメリットといえるでしょう。
さらに新車購入での下取りでしたら新車の値下げ幅もかなり期待できます。
デメリットとしては低年式になると早めに査定がゼロとなりやすいです。さらにカスタムをしていると、いわゆる改造車には冷たい査定になる傾向にあります。低年式のバイクはなかなか売りづらくちょっと間違えただけで在庫リスクがはねあがりますので低年式のバイクには冷たくなるのです。
バイクショップでは基本的自分で持ち込んでの話し合いになります。引き取りの場合はその分の費用も負担しなくてはならない場合が多いので注意しましょう。
買取専門店の場合
売却するメリットとして、面倒な手続きが不要であること、専門店という安心感、さらには査定額が高いということがあげられるでしょう。
実際にすぐにお金が欲しいと言うときはバイクショップよりも買取専門店のほうがいいです。そのようなフットワークの軽さが買取専門店のメリットでもあるからです。
これはバイクショップと違って買取のみを行うので在庫リスクや整備費用などのコストを考えない分、査定額を高額に設定できるのがメリットなのです。

さらに基本的にどのような年式のバイクでも買取可能です。
実際に金額を度外視すれば査定がゼロになることはありません。少なからず得をするシステムとなっているのです。
もっとも、自分なりに相場価格というものを持っておかないと、限りなく安値で買いたたかれてしまうこともあるので注意が必要です。交渉の前には自分なりの準備をしっかり行うようにしましょう。

バイクの一括査定で気をつける事

全然面倒ではない

バイクの買取りは車と比べて面倒だと思われがちですが、現在はインターネットで車種や乗車年数など必要事項を伝えれば、買取り店舗にわざわざ出向くこともなくバイク買取り一括査定をしてもらうことが可能となっているのです。
実際にバイクを買い取ってもらう際には、自宅までバイクの出張買取りをお願いすることができるので、自宅の他にも希望の場所まで買取りに来てもらえます。 出張一括買取りでは、その場でバイクを引き取ってもらって、代金もその場で支払われる場合がほとんどなのです。
名義変更などの手続きなどを代行してくれるバイク買取り業者も多いですから、少しでも高くお得にバイクを処分したい方にはバイク買取り一括査定がお勧めです。

 

 

バイクは売るタイミングが大事

大切に乗ってきた愛車ですから、少しでも高く売りたいものです。バイクをより高く売るコツを幾つか紹介しましょう。
バイク買取り会社は、あなたのバイクを買い取った後で、先々ではそのバイクを他の人に売ることになります。 中古バイク市場にも、需要と供給の関係が成り立っているのです。
新たにバイクを買おうと思う人が多い時期の前には当然ですがバイクに対しての需要が増えます。 買取り会社も買取りに力を入れますから、その時期に売ると高く売れるのは需要と供給のバランスから見ても当然のことなのです。。
次に重要なのがバイクのモデルチェンジのタイミングです。 一旦モデルチェンジされてしまうと、モデルチェンジ前の車体人気はぐっと下がってしまい買取り価格は下落してしまいます。
基本的には需要の多い時期に売るとバイクを高く売ることができますが、それを待っていると時間経過やモデルチェンジによってバイクの価値は下がってしまうことになるのです。 だから、愛車のバイクを売ると決めたら、一括査定などで出来るだけ早く売ることが高く売るためのコツとなるのです。

 

バイク買取り当日までの準備

バイク売却の際の流れを説明します。
おおまかなバイク買取り査定はインターネットでも可能ですが、実際にバイクを買い取ってもらう際には店頭までバイクを持っていって、あるいはバイク一括出張買取りをお願いすることになります。
買取り時には必要な書類があるので、いきなりバイクを持っていってもその日のうちに買い取ってもらえないことがあります。 まずは事前にインターネットで買取りの申込を行いましょう。
その際に免許証や車検証など必要な書類を指定されますから、買取り当日までに準備しておきます。

 

買取り当日の過ごし方

買取り当日は、出張買取であれば買取担当者が指定場所まで来てくれます。 そうでない場合はバイクを持って店頭に出向きます。 店頭に出向く場合、帰りの足は確保されていませんから注意しましょう。
お店によっては帰りを送ってくれるところもあります。
バイクの買取り一括査定が始まると、担当者は実際の車体を見て、車体の状態や年数、現在の人気度などから総合的に判断して査定を行います。 モデルチェンジ前であるか、カスタマイズしているかなどによっても買取り金額は大きく異なります。
経験豊富な査定担当者がしっかりと買取り査定をしてくれるので、査定担当者があなたのバイクの査定を行っている間は暫く待ちましょう。
買取り金額が決まると、査定金額が伝えられるので必要書類が揃っていて、尚且つ買取価格に納得がいく場合はその場で商談成立となります。 名義変更などの手続きも代行してもらえることが多いのでそれ以上の手間はありません。
価格に納得がいかない場合や売却を迷ったときはもちろん売却しないという選択もありです。 売却しなくても査定料金が発生することはまずありませんが、心配な場合は事前に問い合わせた際に確認をしておきましょう。中には手数料を取る販売店もあるからです。

バイクが高く売れる装備について。

バイクの売却を考えると少しでも高く売る方法はどういったものかということになります。
実際にはいろいろコツというようなものがあるのですが、まず一つはフルノーマルな状態がいいということです。
これはどういうことかというと、新車の状態が一番ベストということです。
高いマフラーに付け替えているからこっちのほうが高く売れるのでは?ということですが、それは一部のマニアには受けがいいだけで、実際の査定価格は下がるでしょう。
何故フルノーマルのほうがいいのかということですが、それは簡単なことで、次に購入する人が高く買ってくれるからです。
これは購入する側からの心理を考えればわかるのですが、できるだけ新車に近い形がいいということです。
結局はそこに集約されるということです。
ですからマフラーを交換する人は多いと思います。ノーマルマフラーはオークションでも良く売れるのですぐに出品しがちですが、おそらく大事に保管して売却時にノーマルマフラーに付け替えて査定を受けたほうがより高く売れます。しかも高いマフラーはそのまま次の車体に使うかオークションで売ればいいのですから結果としては損にはならないのです。
これはマフラーに限らずカスタムするときの鉄則ですからよく覚えておきましょう。
そして、次にやはり綺麗な車体は高いということです。これは洗車云々という問題ではなく、錆などがない車体ということです。洗車をマメにする人は車体の変化にも敏感です。ということは錆などにも敏感でよく手入れtが行き届くようになります。洗車などにマメであればあるほど高く売却できます。たかが洗車で、という人も多いと思いますがこれがかなり大きなウェイトを占めてくるのです。
査定時についてですが、ちょっとしたコツはエンジンを暖めておくということです。暖機運転ですが、これをしておくだけで査定士は必ずエンジンをかけますので、エンジンのかかりのいい車体だなということでそれが頭にインプットされるのです。わざとらしいですがこれもちょっとした小技の一つです。ちょっとしたことですがこれがかなり効果のある場合もあります。
そして最後はやはり一括査定サイトです。厳密には競合させているということではないのですが、複数の業者から査定価格の見積もりが次々とあがってくるのは気持ちのいいものです。とくにこだわりがなければ最高値を付けてくれた買取業者との交渉がやはり一番手であるべきでしょう。