MENU

スカイウェイブ250リミテッド 2005年式を売りました

41歳の会社員です。バイク売ったのは6年前の35歳の時です。
スズキの「スカイウェイブ250リミテッド 2005年式」を売りました。

 

新車で購入、購入金額は45万円程度でした。
30歳と過ぎてからバイクを買おうとしたので、当時は若者にはホンダのフュージョンやヤマハのマジェスティが人気がありましたが、
落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しているスカイウェイブ250リミテッドを購入しました。

 

購入後、2年後に結婚したのでバイクに乗る機会があまりなくなり、子供ができると年に1.2回しかならない状況になりました。
このような状況下で年数万円のバイク保険代等を支払うのがばかばかしくなり、バイクの売却を決めました。

 

結婚前はよく友人とツーリングしました。
東京から湘南地域に行ったり、東京から埼玉の長瀞に向かい、山間道路を抜けて山梨の「ほったらかし温泉」に
行った走行距離500㎞程度のロングツーリングは今でも忘れられません。

 

また、結婚前の彼女(現在の妻)を後ろに乗っけて温泉にも行きました。
当時はバイクの後ろに乗るのをとても怖がって、私にぎゅっと捕まっていたのがとても懐かしい思い出です。

 

売却当時のバイクの状態は面に1.2回しか乗らなかったのでバッテリーが上がった状態でした。
また、数年前に転んでしまった影響で車体の下部分に傷が多少ありました。

 

バイクの査定前にバッテリーがあがった状態であるとイメージが悪いと思い、バッテリーの充電をしました。
そして車体をピカピカに磨いて査定前の準備をしました。
また、関係書類・付属工具もすべて用意し、売却の準備万端でした。

 

売却の準備が整ったので、少しでも高く売ろうとWebサイトでバイク売却の一括見積依頼をしました。
数日後、各会社からメールでの概算査定額がきたので、その中から査定額が一番高かったバイク王に査定を依頼しました。
バイク王の方が家まで査定に来てくださいました。
バイク王のメールでの査定額は20万円でしたが、実際にチェックしていただいた後の査定額は8万円でした。
走行距離もそれほどなかったので15万円位であると思っていたので、査定額8万円はかなりショックを受けました。

 

大幅ダウンの理由を尋ねると、
「部品が壊れている(数年前に転んだ傷を見透かされました)」「スカイウェイブ250リミテッドはあまり人気がない」と
おっしゃっていました。
「他の店に売っても同じ位の買い取り金額になると思います」の一言でバイク王さんに売るのをその場で決めました。
店員の対応が良く、現金もすぐにいただきましたが、買い取り金額が8万円というのが残念でした。
その場で決めず、他のバイク屋さんの査定もしてもらえば良かったです。