MENU

PCX150のバイクを売却しました

今回売却したバイクはホンダのPCX150です。年式は2010年で走行距離はおよそ7000キロぐらいだったと思います。
本体の状態は少し傷はあるものの良好な状態でした。その傷は近づかないとわからないほど小さいものです。
特にエンジンや挙動に関して問題はありませんでした。しかしもっと性能のよいバイクが欲しくなり、思い切って乗り換えることにしました。
調べているとホンダドリームというサービスが存在していることを知り、ここで売却することを決意しました。
ほかのところでの売却も考えましたが、やはり公式の方が安心できるのでここにしました。
売却価格は約20万ちょっとでした。もともと買ったときの価格が安かったので相場かなという感じです。
ちなみに次のバイクの本体価格から今回のバイクの売却価格を値引きしてもらいました。
今回売却したバイクを買ったきっかけは買い物に使うためです。車だと維持費がかさんでしまうため、比較的維持費がかからないバイクを購入しました。
最初の数ヶ月間は買い物でしか使わなかったのですが、何度も走っているうちにバイクの楽しさに目覚め、もっと性能のよいバイクが欲しいと思うようになりました。
それからはバイクの雑誌やカタログなどで欲しいバイクを探すようになり、早速自分の欲しいバイクを見つけました。
今回のバイクを売るべきか迷いましたが、新車の価格を少しでも安くしたいという思いから売却することとなりました。
ちなみにバイクを使っている頻度ですが、最初は週1〜2回くらいでしたが、徐々に頻度が増えていきいまではほぼ毎日乗っています。
当然ながら走行距離も最初のころに比べて数倍となりした。
そしてバイクを売るときに一番気をつけたのが車体の汚れです。泥などの汚れが多くついていたのでしっかりと除去し、忘れずに洗車も済ませました。
今回の売却での不満は査定時間が長かったことです。最初はすぐに終わるということで聞いていたのですが、実際はなかなか終わらずストレスを感じてしまいました。
前述の通り、買取金額がそれなりだったので許容できましたが、それでも引っかかってしまいます。あとスタッフの対応があまりよいとは言い難かったです。

売却をしたお店が原因なのかもしれませんが、やはり対応がよいに越したことはありません。
以上の観点から次回バイクを売るときにはほかのところを利用したいと考えています。
余談ですがバイクを売却できるところはたくさんあるんですね。初めてなので調べていて思わず驚いてしまいました。