MENU

ヤマハのアクシストリートをバイク王に売って

私は最近ヤマハのアクシストリートを売りました。年式は2011年の4ストのアクシスです。走行距離は32000キロほど走っていました。なぜ売ったかと言うと、今までは通勤に使っていたバイクでしたが会社が近くなって自転車でも行ける距離になったのです。その為、ガソリン代や保険代、税金もかかってしまうバイクは売りに出そうと決意しました。バイクがあったら便利なのですが、これからは健康の為にもなる自転車にしようと思いました。

 

バイクの状態

私が売ったバイクは一度も事故を起こしたことがなく、見た目もそれなりに綺麗でした。コキズはありましたが大きな傷などはなく良い状態であったと思います。

 

バイクの査定をしてもらいに何件かバイク屋さんを回りました。持ち込みで査定してもらったのです。一番高い値を付けてくれたのがバイク王でした。買い取り価格は3万3千円でした。
もう少し高くならないかと交渉しましたが駄目でしたのでここで売ることに決めました。私は査定してもらいに行くときにバイクを綺麗に洗ってから行きました。コキズなどもコンパウンドが入った洗車剤を使って消えるものはすべて決して行きました。
ミラーも専用のスプレーを使って磨いて、見た目だけでも綺麗にすれば買い取りの人の印象も違うだろうと考えたためです。洗ったバイクはかなり綺麗になったと自分では感じていました。
最低3万円で売りたいと思っていたので、3万円を越えて売ることができたので良しとしておきたいです。本音は5万位になればラッキーとは思っていましたが、無理でした。査定に時間をかけるのも無駄だと考えたため、半日回って一番高い値段を付けたところに売ろうとは考えていました。もっと高く買ってもらうためには、もう少し早く売るべきだったなと思っています。走行距離が3万キロを超えると値段が急に下がると言っていました。私のバイクは32000キロだったので、もう2000キロ早く売っていればと後悔しています。
そうすれば5万円位で売れたのではないかと勝手に思っています。

 

バイクを売っての感想

バイクを手放すには勇気がいりました。バイクは非常に便利な乗り物です。私は、20歳を過ぎてからはずっとバイクを乗っていました。
結婚して経済的に125CCのバイクを選んで乗っていましたが、今後は自転車になります。バイクを査定してもらう時は、走行距離に気を付けた方が良いと思います。
売ろうと思った時に売っておいた方が良いと言うことです。少しでも走行距離が短いほうが高く買ってもらえると思います。見た目も重要です。汚いより綺麗な方が断然よいと思います。
私は査定してもらう前にはバイクの洗車をすることをお勧めします。買い取り業者の気持ちになって考えてみたら、綺麗な方が断然よいと思います。