MENU

下取りと買取りの違い

新しく購入するなどの理由で乗っている方を処分しようとするとき、新しいバイクを購入する販売店で下取りしてもらうか、買取り業者で買い取ってもらうかという選択肢に悩むこともあるでしょう。
双方にそれぞれのメリットがあるのです。
まず下取りですが、新しい方を購入する際に同じ店舗で手続きしてもらえるので早くて簡単です。
一方、買取りのメリットは一般的に下取りよりも高い値段で買い取ってもらえることでしょう。 また、下取りでは値がつかないような部品やカスタマイズしつくした車体でも、買取りの場合は納得のいく値がつく場合があるのです。
買取り専門店で売る場合、新車を購入する店舗と買取専門店、両方で手続きが必要なので下取りよりは手間がかかりますが、より高く売ることで、新しい車体の購入費用や諸経費を捻出できますのでとても大きなメリットだと言えるでしょう。

 

 

故障や事故などのバイクの場合

故障車でもほとんどの場合、問題なくバイク買取業者に売ることが出来ます。 要は「故障車の査定額=完動中古オートバイの査定額-修理費用」になるという事です。
バイク買取り業者は修理をする場合は中古パーツを使って安く修理することが出来ます。 そのため、故障車の場合でも、かなり良い買取り価格で買い取ってくれることが多いのです。
また、事故を起こした場合のバイクですが、買取り査定額の算出方法は上記故障車の場合と同じです。 軽い事故の場合は、値段が付いて、買い取ってもらうことが出来ます。 しかし、重い事故の場合は、買取り値を付けることは出来ないかもしれません。
事故の程度がどうであれ、いずれにせよ無料で出張一括査定は行ってくれます。 これをメリットとしてとらえて、重度の事故の場合でも買取り価格を確認するという意味で出張一括査定を利用する様にするといいでしょう。