MENU

走行距離はバイク査定に大きく影響する?

走行距離が少ないほど査定額はアップする・・そう考えている人も多いことでしょう。
しかしこれをバイクではなく車で考えると状況はかなり違ってきます。
車の査定の場合、走行距離よりも重視されるのが年式なのです。
5万キロ走って5年落ちの車と7万キロ走って3年落ちの車でしたら、3年落ちの車のほうがたいていの場合、査定額が高くなるのです。

 

それではバイクの場合はどうでしょうか。
バイクも車と同様に年式重視といきたいところですが、多くの場合、これは心情的に考えてもそうなのですが走行距離が少なければ少ないほどそのバイクの価値は高いといえるのです。
エンジンは回せば回すほど熟成されると言われています。しかし動かせば動かすほど多くの部品は劣化していきます。
バイクの場合はカウルで覆われているバイク以外はすべて外部にむき出しとなっています。さらに野ざらしの場合は風雨にも打たれることになります。
そのようなことも頭に入れながら年式よりも走行距離のほうが重視されているのが実情なのです。

 

多くの人がそう考えているのですから、バイクを購入する場面になるとやはり年式よりも走行距離を重視して購入する人が多いのです。年式が多少古くても走行距離の少なさが購入の決め手となるのです。
購入する側がこういうスタンスですから、バイク査定をする側としても売れやすさを考えますから走行距離が少ないバイクの方を高査定にするようになります。

 

このように購入する側、査定をする側が走行距離を重視しているので、査定についても走行距離が一番に重要視されるのです。

 

一つの例として、9千キロ走っているバイクと走行距離が1万キロを超えたバイクでしたら、年式がたとえ9千キロ走っているバイクのほうが1万キロを超えたバイクよりも年式が古くても9千キロ走行のバイクのほうが売値が高くなるのです。
販売する側もこのスタンスですし、値段が高くても同じようなバイクでしたら走行距離の少ないバイクを購入するというライダー心理をうまくついているというわけですね。
バイクの部品は劣化しやすく、車では10万キロも走ればそこそこ、という感じですが、バイクでは5万キロ走ればそろそろ売り時という形になります。
それほどバイクの部品は劣化しやすいというわけですね。
年式よりも走行距離が大事ということになれば、乗るときも大事に乗ろうという心理が働くことにもなるので良い傾向といえることは間違いありません。