MENU

バイク査定の注意点とは?

バイクの売却を思い立つとまず最初に考えなくてはいけない注意点がバイクの買取をどこでしてもらうかです。
買い替えとなると車と同じように下取りをして新しいバイクを購入するのが手っ取り早いやりかたです。
そうなるとバイクを購入するバイクショップに行くだけで、古いバイクの処分と新車のバイクの購入といった二つのことを同時に片付けることができるのです。
しかし、便利な反面デメリットとして走行距離や年式などでバイク査定がシビアとなって査定ゼロということがよくあります。
ですから高年式あるいは走行距離が少ないバイクの買い替えのときにのみ利用した方がいいかもしれません。

 

バイクの買い替えではなくバイクを降りるために処分したい、あるいは長年乗っていないバイク・・このような例では自賠責や車検などが切れていて公道を走れないバイクもあるかもしれません。
このようなバイクになると買取専門店に出張買取に来てもらうしかありません。
そういった買取専門店もなかなか町では見つからないものです。
そのような場合に便利なのがネットの一括買取査定サイトです。
なにしろ、バイクの簡単な情報を入力するだけで複数の買取専門店が愛車の査定額をはじき出してくれるのです。
その中から高査定を出してくれたお店と本査定の交渉を始めたらいいのです。

 

しかし、最初の仮査定での金額に満足していても本査定で大きく金額を下げられることが多々あります。
それほどバイク査定はシビアなのです。
車の場合は乗る人によってそれほど大きな違いはないのですが、バイクの場合は乗り手によってバイクの状態が大きく異なってくるのです。
ですから客観的にバイクの相場というものを把握していても、思った以上にバイクの状態が悪くて思わぬ低査定となることがあるのが注意点といえるでしょう。

 

ですから最初の仮査定のときに一喜一憂することなく本査定に臨まなければいけません。

 

また、バイクの場合は買取り業者によって大きくその金額が違ってくるのが一般的です。
バイク査定は脚で稼げとも言われていますが、どこかで妥協しなくてはいけません。
本査定での買取専門店との交渉も3店くらいで妥協するくらいがちょうどいいといえます。
少しでも高くと思って次から次へ買取店を変えていても自分自身が疲弊するだけですから得策とはいえないのです。
ここまでは譲れないという価格を提示してから納得のいくバイク査定をしてもらいましょう。