MENU

一括査定の前に修理や補修は必要か?

結論から言いますと、一括査定前に修理や補修といった措置は必要ありません。
買取業者は補修や修理のプロです。
これまで数多く買取り、メンテナンスや補修・修理を施してそれまでよりも良い状態にしてから、オークションや店頭を通して売りさばいています。つまり、買取った数だけ修理や補修を行っているのですから、補修や修理に関してはその道のプロなのです。普通の修理と比較しても自前の修理工場で格段に安いコストで修理・補修を行うことができるのでまったく問題がないのです。
しかし、一般のライダーが自分の補修や修理を行うとなれば、必然的にバイクショップなどに依頼することなり、その費用は決して安いものではないでしょう。そして、ここで気をつけたいことは、修理にかけた費用以上に、査定額が上がることはまずありえないということです。
補修や修理がお手の物である買取業者にとっては、補修や修理は低コストで出来るので、大きく買取査定額をアップする程のポイントにはならないのです。
結果として、補修や修理こそ必要はありませんが、汚れた状態では、保管状態や扱い方が悪いというイメージにつながるので、ピカピカにする必要こそないのですが、一括査定の前に汚れていたら洗車くらいはしておいた方がよいでしょう。

 

 

バイクの査定時には傷を直しておきたいところですが

バイクを売却したいと思ったときには下取りや買取に関わらず査定を受けることになります。
そのときに気になるのが車体の傷でしょう。
本来自立しない乗り物ですから、普通に扱っていればこかすこともあります。ですから小傷などは絶えない乗り物です。
ですので小傷のようなものでしたら不問としたいところなのですが、やはりあるよりはないほうがよく、さらにそれが査定にも響くと勘違いしている部分もあるのです。
確かに査定する側としてはあるよりはないほうがいいのです。
査定というのは新車のまっさらな状態を100としてマイナス方式で評価されていきます。
ということで気になる傷なのですが、査定に出すときに修理をしたほうがいいのかというと実はそうではありません。
絶対にしてはいけないのが自分で自己流に修理することです。
素人のそれも自己流で専用の器具もないのにプロ並みの修復はできません。
却って見た目がひどくなってマイナス評価になる場合がありますので自分での修理はしないほうがいいです。
それではと、修理業者に修理をしてもらった場合ですが、それがかりに5万円かかったとします。
狙いは少しでも査定額をあげたいための修理ですから、5万円以上の査定額のアップがないと割に合わないということになります。
実際に修理業者で5万円かかったということでしたら、原価は1万円程度でしょう。そのくらいは自社の修理工場で買取業者もバイクショップも行うことができるので、修理代の5万円以上の査定額アップとなることはありません。
ですから、結論として修理業者に修理をしてもらうのも結果として損をするということになるのです。

 

バイクは見た目が美しい乗り物です。ですから何かあれば修理をしたくなるものです。それが少しでも高く売却するために修理ということでしたら、裏目に出ることがほとんどですから止めておいたほうがいいです。
実際に修理にかけたお金ほどバックすることはありません。
それよりも洗車などをしっかりと行って査定士の心証を良くするほうがよっぽど効果があるといえます。
少しでも高く買取をしてもらいたい、こちらからはより高く売却したいと思えば、常日頃からの洗車あるいはメンテナンスのほうがいいのは間違いありません。
チェーンのさび付きなどは明らかに整備不良を指摘されますので、へこみなどよりはチェーンの清掃から注油をしっかりと行っていた方がいいのです。
それがけっかとして高額査定につながるというわけですね。