MENU

動かないバイクの買取査定

もともと何の問題もなく動いていたにもかかわらず、長期間放置して何も手入れを行わなかった場合、動かなくなってしまうことが多いです。もっとも維持費がそれほどかかりませんから、放置されがちになるという側面があるのも否めません。
大抵の場合は、バッテリーあがりとかキャブレターの目詰まりなどでエンジンがかからないことが多いです。 動かない場合は、買取り業者で行われる修理の費用などはさほど費用がかからないので、ほとんど買い叩かれることなく売却することが出来ます。
ここで気を付けるべき点というのは、自分で修理をしたり、別のバイク屋で修理をしてから買取り専門業者に買い取ってもらおうとは考えないことでしょう。 バイク買取り業者は修理のプロなので安価で修理することが出来ます。
自分で直したり他のバイク屋で修理するよりずっと安価で修理することが出来るのです。 そのため、動かないバイクは修理することなく、そのままの状態で買取り業者に買い取ってもらうほうがいいでしょう。
むやみにお金をかけてしまってもかけたお金も戻ってこないということにもなりかねません。
最も良い方法は、長期間バイクに乗らない場合は、動かなくならないように保管前に整備を行う事です。
具体的にやるべき事ですが、ガソリンタンクのガソリンを全て抜くこと。その後エンジンを掛けて、エンジンが止まるまで動かし続けます。 そうすれば、ガソリンタンクの腐食物などによってキャブレターが詰まることを防止してくれるのです。
そして、さらにもう一点やっておくべきことは、バッテリーあがりを防ぐためにバッテリーのマイナス側コードをバッテリーからはずしておく事です。 バッテリコードを付けたままでバイクに乗らない状態が続くと、バッテリーはすぐにあがってしまってエンジンがかからなくなってしまいます。
マイナス側コードを外すことで放電を防いで、結果的にバッテリーあがりを防止することが出来るのです。