MENU

需要が多くなる時期はいつ?

バイクに限った話ではないのですけど、基本的に物の値段と言うのものは需要と供給で決まります。
中古も人気車種ほど買いたいと言う人が多く、これは需要が多いから当然なのですが、その人気車種を売りたいと言う人が少ない場合、これは供給数が少ないということのなるとその中古バイクの価値は高まっていきます。
結果として、中古専門の販売業者は需要が多くて、供給数が少ないバイクだと高く客に売却することができるので、買取りをする場合も高く買い取ってくれるようになります。
この中古バイクの需要と供給による価格変動は、1年間を通してみた場合の時期に於いても言えることなのです。バイクを買いたいと考えている人が多い時期には、必然的に中古バイクの買取り価格も高くなります。これは少々値段が高くても欲しいのですから、買いたいという人間心理をついているといてもいいでしょう。
では、年間を通じて需要が一番高まる時期とはいつ頃なのでしょうか?
それは、4月と7月になります。また、意外に思われるかもしれませんが12月も割と需要が高まる時期でもあるのです。
4月は、入学や就職、あるいは転勤後の初出社など、通学や通勤に使うためにスクーターや小型・中型バイクの需要が一段と高まる時期でもあるのです。
特に新しく大学生になる人の需要は高く、原付は一年を通して3月が一番売れているのです。また、4月末から5月初旬にかけてはゴールデンウィークがあります。 このゴールデンウィーク中に友達とツーリングをするためにバイクを買うという人も増えてきます。
7月は、夏季休暇がありますから、 大学生ともなると、夏季休暇は1ヶ月以上続くのはごく普通のことです。 また、社会人でも10日間程度の連続休暇を貰える会社もあります。
この夏期の長期休暇を使って、避暑と観光目的で北海道といった遠方へロングツーリングに出掛ける人が増えてくるのです。
また、6月までは梅雨があるので雨降りの日が多くライダーには辛い時期となるのですが、7月ともなると晴天の日が続いて暑さも増すのでバイクで気持ちよく走ることができるシーズンとなるので、そこから一気にバイクの需要が高まります。
もっとも夏はバイクの季節、というわけでもなく、暑い時期はライダーにとってもつらい時期なのですが、バイクの購入意欲は高く、夏場のバイクはよく売れる傾向にあります。
12月は、これから冬に突入をする時期です。12月はボーナス時期でもあるので、そこそこバイクは売れます。しかし、そこで売り逃がすと次の1月2月は寒くてバイクが売れません。そのため、各販売業者は本格的な冬がやってくる前にイベントやキャンペーンなどを多く開催して販売に力を入れてくるのです。
また、お正月時期の冬期休暇中にバイクで旅行に出掛けたり、実家に帰るという人も近年では増えているようです。 そのため、この時期も購入する人が増えるということですね。