MENU

ナンバープレートが盗まれたときは査定の前に警察へ

基本的にナンバープレートが無いバイクは売却ことはできません。
そのため、専門の買取り業者に査定を依頼する前に、まずはナンバープレートを再取得しておく必要があります。
バイクはなんとか無事だったのですけど、ナンバープレートを盗まれてしまったといった場合は、すみやかに最寄りの交番か警察署に盗難届けと被害届けを出しましょう。 本体ではなくナンバープレートだけを盗んだという事は、そのナンバープレートが犯罪に使われる可能性が高いからです。
盗んだ者が他のバイクに、盗んだナンバープレートを取り付けて、窃盗などの犯行を行うために使ったり、空き巣を行う際の移動に使うことが十分考えられます。というよりも何らかの犯罪行為を行うためにナンバープレートを盗んだのですから、当然です。
もし、ナンバープレートの盗難届が出されていなかったとしたら、犯人の逃走バイクを見た目撃者がナンバーを覚えていて、そのナンバーを警察に連絡した場合、容疑者として持ち主に嫌疑が掛けられる可能性があるというよりも当然かかってくるでしょう。
そうならないためにも、バイクのナンバープレートが盗まれたらすぐに警察に届け出る必要があります。
ナンバープレートが盗まれたことを、警察に届け出ると盗難受理番号を貰う事ができます。
あとは、警察からの連絡を待ちながら、ナンバープレートの再取得をすることになります。